弔電を送る時は葬儀の当日に届けましょう

インターネットの専門店を利用すると便利です 友人や知人の訃報は突然入るので都合が付けられず、お通夜や告別式に参列できない場合は、弔電を送るようにしましょう。遺族に弔意を文面で伝えることができるので、幅広い年代の人が利用し … [Read more…]

弔電の宛名は原則喪主だが喪主以外でも可能

喪主の名前が分からないときにどうするか 一般的には、人が亡くなったときには一定の儀式が行われます。故人の関係者に連絡が来るので、できれば式に参列した方がいいでしょう。しかし、どうしても参列できない場合があります。その時に … [Read more…]

急ぐ時も安心な電話を使った弔電の送り方

葬儀の日程が迫っている時でも間に合う可能性が高い 弔電の送り方は電話で依頼した方が迅速に送信できる場合があります。インターネットからメッセージを入力して送信できるサービスもあり、料金が低めで24時間受付が可能になる長所が … [Read more…]

弔電は通夜までに送るのがマナー

あまり知られていない弔電の送り方 いつ、どんなタイミングで送ったらいいのかわかりにくいのが、弔電をはじめとした電報です。いつでも送ってよいものではなく、相手を悼むからこそ適切に届く形で送ることがベストといえるでしょう。基 … [Read more…]