急ぐ時も安心な電話を使った弔電の送り方

葬儀の日程が迫っている時でも間に合う可能性が高い

弔電の送り方は電話で依頼した方が迅速に送信できる場合があります。インターネットからメッセージを入力して送信できるサービスもあり、料金が低めで24時間受付が可能になる長所があります。しかし、通話しながら依頼するのであれば、オペレーターに相談しながら作成できますので、電報を送り慣れていないかたでも作成しやすいでしょう。また、文例が豊富に用意されているために短時間で故人や遺族に失礼のないメッセージを送れます。仕事上で付き合いのある方、目上の方にも相応しい文章を作成できるでしょう。文例はオペレーターから案内を受けることもできますが、電報のサービスサイトを見て確認してから、文例の番号で指定することも可能でしょう。固定回線のサービスを選ぶのであれば、電話帳から文例集を確認して、添付された番号を指定する送り方も利用できます。

電話での電報の依頼を受け付けている会社

オペレーターに通話しながら弔電を送れる会社を探すには、通信回線を設けている企業の電報サービスを利用するといいでしょう。固定回線やモバイル回線を扱う通信会社で提供されています。自社や自分が契約している通信会社以外でも、通話料が無料で依頼出来ることがほとんどです。迷う場合は通信会社の電報サービスのサイトを閲覧するといいでしょう。電報の台紙に好みの物があったり、線香等の御供や供花を付けるサービスが選べたりするので、サービスを選ぶ決め手にしても構いません。料金の支払い方はクレジットカード決済が多く、カード番号を確認次第すぐに作成してもらうことができるでしょう。ただ、自分が加入している通話回線の会社から依頼すると、電報料金が月々の通話料金と一緒に口座引き落とし等でまとめて支払えるので、利用しやすい場合があります。

弔電の送り方の流れと注意したいこと

通話をして弔電を送るには、通夜や告別式を行う式場名とその住所と連絡先を調べておき、葬儀が行われる日時の確認をしましょう。受取人にあたる喪主の氏名が分からなければ、遺族宛に出しても構いません。式場の電話番号が分からない場合は省いてもいいでしょう。オペレーターに質問を受けながら送信手続きが行われるので、しっかりと下準備をしましょう。その後にメッセージの内容をどのようにするか質問されます。文例集から選ぶ場合は、個人向けかビジネス向けで相応しいメッセージを選択できます。自作のメッセージを作る場合は、文字数によって料金がかかる従量制のために費用がかかることもあるので注意してください。差出人もメッセージの字数に数えられます。メッセージを作成できたら、台紙の種類と供物や供花の有無を決めます。故人との関係で台紙の種類や価格帯が変わる場合があるので、オペレーターに相談するといいでしょう。供物や供花は式場によっては持ち込みが認められない所もあるので、分からない場合は付けない方が賢明でしょう。最後に横書きか縦書きか書式を選び、オプションで書体を変えることも可能な場合があります。作り終えたら最終的な確認をして終了します。会社によっては当日中の締め切り時間が早い場合がありますので、遅くても14時くらいまでには依頼しないと難しいでしょう。

ピックアップ記事一覧