弔電は通夜までに送るのがマナー

あまり知られていない弔電の送り方

いつ、どんなタイミングで送ったらいいのかわかりにくいのが、弔電をはじめとした電報です。いつでも送ってよいものではなく、相手を悼むからこそ適切に届く形で送ることがベストといえるでしょう。基本的に送る会社によって時間帯の締め切りがある為、前もって何時までに送ると当日・翌日送れるのかを確認してください。電話で送る方法とネットで送る方法がある為、利用しやすい方法を選びましょう。基本的にいつごろつくように送るべきか、迷う人は少なくありません。一般的に通夜が始まるまでに送ることがマナーといわれています。ただし、読み上げられるのは翌日の告別式のときであることが多いため、通夜の時には読み上げられないことが大半です。参列できない場合には時間帯を確認し、間に合うように送ることが大切といえるでしょう。

遅くなった場合にはいつ送るべきか

通夜に間に合わなくても、告別式の3時間前までに送ることができるように手配をすれば問題ないといわれています。ただし、地域によってはルールがある場合も少なくないため、事前に地域の風習を確認して送ることが重要です。地域ごとにある程度風習となっているマナーが存在している場合は少なくありません。地域外から来た場合にはよく知らないからと実践しないこともありますが、地域にいる人にとっては失礼となる場合もあります。亡くなった方に失礼にならないよう、相手に喜んでもらえる形で実践することが重要といえるでしょう。特にポイントとして挙げられているのは、送る会社によっては当日ではなく翌日に届く場合もある事、当日に届ける為には何時に届けたらいいのかを確認することです。

ネットで送る場合には漢字の間違えに注意

インターネットで送る場合には24時間受け付けていることが多いですが、何時までに受け付けると当日ということもある為、前もって確認しましょう。また、送る場合には場所を間違えないように送ることが肝心です。通夜までに自宅に届くようにしていても、最上で行う場合には届かなかったのと一緒ですので、会場の場所を間違えないように送ることが重要といえます。更に、送る時に必要とされているポイントとしては、住所や故人の名前の漢字を決して間違えないことです。漢字の間違えによってはまったく届かない場合もある為、前もって確認してから活用しましょう。相手への弔意を形にしたものが弔電となる為、場所を間違えてはマナー違反となりかねません。相手に失礼にならないように送ることが重要といわれています。

ピックアップ記事一覧