弔電の宛名は原則喪主だが喪主以外でも可能

喪主の名前が分からないときにどうするか

一般的には、人が亡くなったときには一定の儀式が行われます。故人の関係者に連絡が来るので、できれば式に参列した方がいいでしょう。しかし、どうしても参列できない場合があります。その時には弔電を送って弔意を表すようにしましょう。お通夜やお葬式の情報を喪主から直接受けるなら、誰が喪主かが分かります。故人の配偶者や子供、その他兄弟などが行うこともあるようです。しかし人づてで聞いたときに喪主を確認できなかったらどうするかです。宛名に関しては原則として喪主にするべきですが、喪主以外でも出せないことはありません。故人の関係者であれば故人の名前はわかっています。そこで故人の名前を先に書き、その次にご遺族様とするとよいでしょう。これによって誰の葬儀に対して届けられたものかがわかります。

故人の名前を当て先にして送る方法

お世話になった人などが亡くなったとき、できれば葬儀などに参列した方がいいでしょう。どうしても参列できないなら弔電を送ります。喪主の名前が伝えられているなら一応は宛名は喪主にするのがマナーとされています。ただ、喪主と全く面識がないために送りづらいと感じる人もいるかもしれません。喪主以外の方にも送れますが、故人に対して直接送ることはできません。弔意は故人に対してではなく、遺族に対して行うものだからです。故人の名前を全面的に出してしまうと、マナー違反と見られてしまいます。喪主の名前が分かっているときには、必ず喪主の名前で出すようにしましょう。どうしてもわからないときだけ故人の名前を使うことがあります。様方等と入れておけば伝えることができます。様としてしまわないように気をつけましょう。

特定の遺族に対して送るときにどうするか

葬儀を行う側からの立場だと、葬儀に来た人が故人とどんな関係にある人なのかが分からないことがあります。親族であれば、生前にそれなりに面識があるでしょう。しかし、会社関係者だと一部の人しか会ったことがないケースもあります。これは弔電が送られてくるときも同様になります。送られて来れば何らかの挨拶などをしないといけないでしょうが、誰かが分からないと困ります。送る側としては、自分がどんな立場の人間かが分かるようにしておくと良いでしょう。宛名は通常は喪主の名前を書きます。喪主以外に対して書くときには、まずは喪主様方として、自分の関係者の名前を書きます。故人の兄弟の関係者であれば、その兄弟の名前宛てにすれば確認してもらいやすくなります。マナーも大事ですが、相手の手続きを考慮した書き方も必要になります。

ピックアップ記事一覧