弔電を送る時は葬儀の当日に届けましょう

インターネットの専門店を利用すると便利です

友人や知人の訃報は突然入るので都合が付けられず、お通夜や告別式に参列できない場合は、弔電を送るようにしましょう。遺族に弔意を文面で伝えることができるので、幅広い年代の人が利用しています。当日に届ける必要があるので、電話で申し込む場合は、午前中の8時から、午後の10時までにスタッフに依頼して下さい。電話の場合は利用できる時間が限られているので、仕事や育児で忙しい人は、インターネットの専門店を利用すると便利です。紫や紺などの落ち着いた気品のある台紙を選んで、遺族に配慮した文面にしておきましょう。白百合や菊、桔梗などの花をデザインした商品が人気があります。高級感のある和紙を使用した商品を選ぶと良いでしょう。現代は自宅でお葬式をしないご家庭が増えているので、斎場の住所を確認しておく必要があります。

お花やお線香を添えてもらえます

20代以降の大人の男女は、会社の人や近隣住民、友人、知人など、幅広い人間関係があるため、葬儀に参列する機会が増えてきます。やむおえずこちらの都合で、参列ができない場合は電報でお悔やみを伝えると良いでしょう。インターネットの専門店を利用すると、24時間いつでも申し込みができるので、仕事や家事の合間を利用できるので大変便利です。口コミなどで人気のお店では、供え花やプリザーブドフラワーや、お線香なども添えてもらえます。文章の文字数や台紙の種類によっても、多少は料金が違ってきますが、親しい間柄の場合は、3千円から5千円前後の商品がお勧めです。午前中に申し込んでおくと、会式の2、3時間前には届くので安心できます。以前に比べると電報を利用する人は減っていますが、突然の訃報の時は上手に弔電を利用すると良いでしょう。葬儀の当日に申し込んでも、スタッフが手配してくれます。

喪主や遺族に配慮した文面を選びたい

お通夜や告別式では、遺族は心身共に疲労をしていたり、深い悲しみを感じているので、文面を選ぶ時は、喪主や遺族に十分に配慮をしてあげる必要があります。インターネットの専門店は申し込みをしてから、当日に届くので安心して利用できます。現代は男女共に多忙な人が増えていますが、迅速で丁寧な応対なので、安心できます。お通夜や告別式が始まる2時間前には、届くように配慮して下さい。親しい間柄の場合は、葬儀が終わったら、早めに弔問に伺うようにしましょう。喪主や遺族は疲れている人が多いため、訪問をする時も短時間にして下さい。豊富なデザインの弔電が揃っているので、弔意をきちんと示すことができます。人気のお店では料金も適正になっているので、安心して利用できます。

ピックアップ記事一覧