取引先から依頼が来た場合は関係性により文章も変わる

会社で仕事をしていると、得意先から弔電依頼などくる場合があります。弔電をあまり出した事が無い場合、どの様な文章が良いのか分からないという人もいるでしょう。その際、無理に自分で文章を考えなくても、電報を取り扱っている会社で文例も一緒に載せている事がほとんどなので、是非参考にしましょう。やはり文章も関係性によって変わってきます。その為、まずは相手とどの様な関係性にあるのかをしっかり把握した上で電報を出す事をおすすめします。文例に載っている文章は、きちんと弔電としてふさわしい文面になっています。しかし、間違った内容のものを選んでしまえば逆に失礼になってしまうのできちんと選ぶ事が大切です。取引先からの依頼で上司から電報を頼まれた場合は、まずはどの様な関係性なのかをしっかり確認した上で、出す様にしましょう。

文例を上手に利用して電報を送ろう

実際に電報を依頼する際、文章や台紙など選んでいきます。文例もたくさんあるので、適当に選ばない様にしましょう。また、文章も長めの文章であったり簡潔にまとめられているものなど色々あります。どの様な文章を選ぶのかによっても印象が変わってくるのできちんと文章の中身をチェックして選ぶ事が大切です。電報の送り方など、色々細かなマナーがあります。電報一つで関係性にヒビが入ってしまう事も考えられるのできちんとマナー違反をしない様に、社会人としてしっかり対応していかなければいけません。やはりあまり普段電報を送る機会が無いという人は、台紙の種類や文章においても何を選べば良いのか分からない場合もあるでしょう。台紙も金額によって幅広く用意されているのできちんと選ぶ事が大切です。自分で考えた文章でも良いですが、意外と電報の文章は難しく、中身によってはマナー違反になってしまう場合もあるので、その場合は最初からある既存の文章を利用した方が安心です。

スムーズに依頼をする事が出来る様に準備しておこう

また、電報を送る際は送る時期も大切です。通常電報を送る際は通夜や告別式に間に合う様に送ります。その為、あまりにも時期が遅れてしまったりしない様に注意しなければいけません。場所によっては即日対応してくれるところもありますが、日数が掛る場合もあるのでしっかり着日を確認した上で依頼をする事をおすすめします。また、誰宛てに送るかも大切です。一般的に喪主宛てに送る場合が多くありますが、取引先の相手が喪主ではない場合などは連名で送る事も出来るので宛名をどうするかも相談しておきましょう。電報は、電話やFAX、インターネットなどで受け付けしているところがほとんどです。基本的に急ぎでの依頼になるのでどこに依頼をするのか事前に準備しておく様にしましょう。会社に勤めていると弔電など出す機会も出てくるかと思うので、きちんと対応する事が出来る様にしっかり準備をしておきましょう。

ピックアップ記事一覧